各施設への連絡先一覧 採用情報
MENU
    HOME > 新型コロナウイルスに関する取り組み
Action on Covid19

新型コロナウイルスに関する取り組み

早稲田イーライフみらいグループでは、2020年4月7日に発令された政府の「緊急事態宣言」を受けて、グループ内における基本方針及び感染症対策を以下の通り実施しています。

基本方針

これまで提供させて頂いております在宅介護・医療サービスは、ご利用者様にとって日常欠かせないサービスであるため、行政機関との連携を通じ、十分な感染症予防対策を講じた上で、可能な限りサービス提供を継続させて頂きます。

ただし、ご利用者様やそのご家族、従業員とその家族の安全の確保と感染の拡大防止のために、今後の状況次第では行政機関や保健所等による要請・指示に従い、サービスの停止・規模の縮小・代替サービスへの 振り替え等の対応をさせて頂く場合もございます。

なお、今後新型コロナウイルス感染症が国内・地域において更に拡大した場合等におきましては、政府・自治体からの要請等に従い本方針の追加・変更を行う可能性もございます。

グループ内における感染症対策について

在宅介護、医療サービスを提供する特性上、従前より各事業所における衛生管理、感染症予防対策を徹底しておりますが、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、全従業員に対し、感染予防及び感染拡大防止に向けた行動をさらに徹底させるとともに、今日におきましても下記の対策を講じております。

mirai_torikumi_icon14

マスクの着用

mirai_torikumi_icon8

手洗い、うがい及び手指等の
消毒の徹底

mirai_torikumi_icon7

事業所及び送迎車の
清掃・消毒の徹底

mirai_torikumi_icon5

薬剤を使用しない、
感染リスク低減方法を活用
(オゾン発生器・プラズマクラスタ等)

mirai_torikumi_icon6

人のいない時間帯環境下で、
高濃度オゾンによる
附着落下菌除去の徹底

mirai_torikumi_icon17

室温・湿度管理を講じた上での
事業所内の換気

mirai_torikumi_icon9

従業員及び同居家族の
体調不良、発熱時の報告・管理

mirai_torikumi_icon16

複数人集まる会議・研修の中止、
Webまたは電話会議等への移行

mirai_torikumi_icon15

密閉、密集、密接の
「三密」の状況回避

mirai_torikumi_icon1

不要不急の外出や訪問等の中止

ご承知の通り、新型コロナウイルスによる感染症について、現状では高齢者は罹患すると重症化しやすいと言われており、グループ内では徹底した感染症対策を講じて参る所存ではございますが、一方で長期間の自宅における居たきりや閉じこもりの影響による下肢筋力低下や認知症の進行、うつ病等の原因ともなりかねません。グループ内におきましても、介護予防を強く推進させて頂きたい観点から、可能な限り事業所を開所していく所存でございます。関係者の皆様におかれましては、引き続きご理解ご協力賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

「低濃度オゾンガス」
「高濃度オゾンガス」の活用

USE of OZONE GAS

新型コロナウイルス感染症が流行する以前より、13年前の早稲田イーライフみらいグループ設立当時から、「低濃度オゾンガス」と「高濃度オゾンガス」の2つを活用し、ご利用者の皆様の安心と安全を提供して参りました。

mirai_torikumi_1
mirai_torikumi_3
mirai_torikumi_2
mirai_torikumi_6
mirai_torikumi_4
mirai_torikumi_5

早稲田イーライフみらいグループでは、施設内にオゾンガス機器を設置しており、浮遊もしくは壁や床に附着・落下したウイルスを低滅させ、感染対策を行っております。下記のオゾン製品を中心に、実際導入し、活用しています。

低濃度オゾンガス

オーニット株式会社製品 
低濃度オゾン発生器 VR-40

mirai_torikumi_7

人がいる時間帯では、0,1ppm以下のオゾンを発生させることによって空気中の浮遊菌・ウイルスを低減させます。人のいる時間帯にある空気中の浮遊菌やウイルスを低減させることによって、クラスターや空気感染を発生させる確率を大きく下げることができます。

高濃度オゾンガス

株式会社IHI製品 
移動式オゾンくん蒸型発生装置 OS-22

mirai_torikumi_8

人のいない深夜等の時間帯では、0,1ppm以上のオゾンを発生させることによって、床や壁についた附着・落下菌・ウイルスを低減させます。人のいない時間帯に利用することで、床や壁、備品、送迎車両などについた菌やウイルスを低減させることができます。

※オゾンの安全基準

低濃度のオゾンは人体に全く影響を与えることはありません。日本産業衛生学会ではオゾンに関する作業環境での許容濃度を0.1ppm以下と定めています。

オゾンの特長

オゾンとは?

mirai_torikumi_qr1

オゾンは大気中に自然に存在し、大気を自浄する働き(脱臭・除菌)をしています。日差しの強い海岸などでは0.03~0.06ppm、森林では0.05~0.08ppmの濃度が観測されています。オゾンは基本的に目で確認できませんが、臭いとして確認することができます。森林などの爽やかな空気には、オゾンが含まれているのです。

耐性菌をつくることがありません

mirai_torikumi_qr3

オゾンを発生させるとき、薬剤等を一切使用していないため、耐性菌をつくることがありません。したがって、ウイルスがどんなに変異をしても、薬に耐性をもったとしても有効性があります。
新型コロナウイルス、新型インフルエンザ、ノロウイルス等…ほとんどすべてオゾンによってウイルス数を低減できていることが証明されています。

除菌のメカニズム

mirai_torikumi_qr5

オゾンは、細胞膜を破壊します。細胞膜が破壊されたことで細胞の核が溶け、菌が死滅します。また、オゾンは気体なので、部屋の隅々まで均一に殺菌・脱臭をすることができます。

オゾンは残留毒性がありません

mirai_torikumi_qr2

オゾンは酸素(O2)と酸素原子(O)によって構成されています。 オゾン分子(O3)は、きわめて反応性の高い物質であり、時間とともに安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質をもっており、反応後は残留物を出さない、きわめて安全な物質です。

最近できた技術ではありません

mirai_torikumi_qr4

オゾンの殺菌・脱臭・空気洗浄力は、塩素の約7倍。その強力な威力は、大学病院や行政機関(浄水場・救急車)、社会福祉施設など様々な分野で利用されています。
新型コロナウイルスの流行とともに、オゾンによるウイルス低減効果が発見され、その使用方法が流行したようなものでは一切ありません。

このように、サービスの特性上、従前より衛生管理・感染症予防対策を徹底しておりますが、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、感染予防及び感染拡大防止に向けた行動をさらに徹底させるとともに、みなさまが安心してご利用いただけるよう努めてまいります。

早稲田イーライフみらいグループ